【スポンサーリンク】

やりたい事が見つからない。やりたくない事をやらない事を選ぶ。

【スポンサーリンク】

私は昔から人と比べがち。なんでも人を基準にするので、自分がやりたい事がわからなかった。

就活もせずに、そこそこ良いと思われる企業(田舎でいうそこそこ良い企業)へ勤めることができた。それだってやりたい事ではなかった。学校のキャリアカウンセラーとかいう人に勧められて、わけもわからず書類を送り、面接へ行った。私が就活をする時代は、今ほど厳しくなかった。ありがたいことに、こんな私でも合格をいただけた。

仕事を始める前の私は「全然この仕事したくない。でも周りはすごく喜んでいる。それならいいか」という気持ちだった。

そんな気持ちで始めた仕事は、2ヶ月で終えた。

 

もともと働く事が嫌いで、学生時代もバイトはほとんどしなかった。近所のパン屋と気が向いた時に行けるスポット派遣のみだった。

私が思う学生時代は「バイトをたくさんする。そんなことをしてるうちにやりたい事が見つかる。友達と遊んだり、旅行するために資金を得るためにバイトする。勉強よりむしろバイト」なイメージだったが、私は旅行へ一緒に行くような友達もいないし、バイトもしたくない、暇さえあれば家にいたい、そんなグータラな学生時代を過ごしていた。それではやりたいことも見つからない。

学生時代を終え、仕事を始めても、やりたい事なんてひとつも見つからなかった。

仕事もいくつか変えた。その仕事もやりたいことではなかった。勤務時間がちょうどよくて、休日が平日でそこそこ希望で取れる、給料がそんなに少なくなければいいか…そんな感じで決めてる。履歴書は何枚書いたかな。就活しなかったツケが回ってきたんだと思う。

今現在もまた履歴書を書いている。結婚を機に仕事を辞めてしまった。シングルマザーになって、履歴書を書く日が来るとは思わなかった。今もやりたい事なんてわからない。でも今はそんなこと言ってる状況じゃないから、前よりシビアに条件はあげられるけど。

 

話が逸れてしまった。

私のやりたい事は、きっと永遠に見つからないと思った。じゃあ、やりたくない事をしないようにしようと考えた。やりたくない事なら、いくらでもありそうな気がする。それに当てはまらない事をやればいい。

私の中で、やりたい事=ポジティブ、やりたくない事=ネガティブな面だという考えがあった。だから、やりたい事(ポジティブ)が見つからないなんてダメだと感じ、やりたくない事なんて目も向けなかった。

考え方を変えてみよう。やりたくない事を考える事は悪い事じゃない。自分を知るため、守るために大切なこと。やりたい事が見つからないなら、やりたくない事を避けて生きていけばいい。

 

その手始めが「旦那と離れる事」だったんだと思う。我慢しているくらいなら。この人(旦那)と死ぬまでいなきゃいけないなんて辛い。そんな精神状態で子供を育てるのは辛い。旦那と一緒に居たくない。一緒に居る事は、やりたくない事。

やりたくない事を選んだ私は、少し強くなった気がした。自分で、自分の生き方を選択できるんだって思えた。

これは旦那と居たから気づけたこと。旦那と会わなければ、自分の生き方を自分で選ぶなんてできなかったと思う。感謝すべきなんだろうが、旦那からされてきた行いがあるので、手放しに感謝はできない。

旦那と結婚したことも、自分で選んだと言えない。流されて結婚した。旦那との結婚を自分は望んでいたのかどうかわからない。

 

また話が逸れてしまった…

これからもやりたくない事を選ぶ人生を歩もうと思った。そうするうちに、やりたい事も現れるのかなと少し期待してみる。