【スポンサーリンク】

子宮の定期検査に行ってきた

【スポンサーリンク】

5年程前に子宮頸がんの検査をしたところ、高度異形成と言われ、円錐除去手術という手術をした。手術は下半身麻酔をかけ、1時間もしないで終わった。目は覚めたままなので、今どんな事をされているのか、医師たちの会話でなんとなくわかった。レーザーで子宮の入り口を切り取る手術で、切り取った物体も見せられた。

 

術後は、麻酔が切れるまで、病室でただぼんやり寝ているだけ。1泊の入院で帰れた。

 

手術をする前に、当時付き合っていた彼氏に「今度手術をするんだ」と言っても「そっか」と言われるだけで、たいしたことないと思われていた。がん検査に引っかかって手術するんだけどなぁ…なんて、少しモヤモヤした記憶がある。もちろん見舞いにも来てくれなかった。1泊だから仕方ないかって思ったけど、今思うと、結構酷い彼氏だったのかも(笑)

 

昔話はこのへんにして、先日子宮の定期検査に行ってきた。術後しばらくは3ヶ月おきに行っていたが、今は半年に1回行っている。本来なら、こんなに長いこと、子宮の経過を診ないと思う。子宮頸がんの経過は、今は問題ない。今は、卵巣腫瘍の経過を診てもらっている。

 

妊娠前にそれがわかった。腫瘍と聞いて、無知な私は「また癌なのか?」と焦った。しかし話を聞くと、少し卵巣が大きく、水がたまているだけのようだった。通常なら産後小さくなる人が多いらしいが、私は大きさが変わらなかった。悪いものではないようだが、あまりいい気持ちはしない。

 

卵巣の様子を定期的に診てもらうのと一緒に、1年に1回、子宮頸がんの検査も併せてしてもらっている。今回も検査をしてもらった。特に問題はなかった。

今癌になんてなったら困る。手術で入院になるのも困る。シングルはこういう時不安だ。だからといって、安心のためだけに再婚するなんて考えられないけどね。